少年犯罪更生に関わる法務教官の仕事

ダイニング01

法務教官は、矯正施設に勤務しています。その他にも法務総合研究所に勤務しています。矯正施設というのは、少年刑務所のことです。また少年院や婦人補導院、少年鑑別所も含まれています。施設にいる者の、矯正教育をする仕事をしています。法務省所属の国家公務員の官職名です。制服は決められたものを着用しています。青少年の更生を主な仕事としています。まず、採用をされると矯正研修を行うことになります。そこで、必要な学科や術科を学びます。研修を経たうえで勤務に就き、犯罪をおこなった少年に対して、教育や助言をするのです。少年院では、集団生活訓練、教科指導などを行います。そして、更生させることを目指すのです。少年鑑別所では、少年の資質を見極める役割があります。そして、更生の可能性を判断して、審判に参考となる資料の作成を行うのです。この職に就くためには採用試験に合格する必要があります。年齢の条件がクリアできたら、誰でも受けることができます。少年と接するという仕事なので、心理や教育学部の出身の者も多いようです。需要は高まっているのですが、その仕事内容の難しさゆえに、様々な経験を積んだ人材が求められています。どのようにして再犯を防ぐかが重要なのです。 width=