保護観察官としての援助

保護観察官の役割というのは、犯罪をした者の健全な人として更生を目指し、立ち直るために援助をする仕事をしています。家庭裁判所の決定によって保護観察を受けたひとが対象です。また、少年院や婦人補導院から仮の退院を許された者や、刑務所から仮釈放された者も対象になります。そして、刑の執行を猶予されて保護観察のもとに置かれた者も対象です。
これらの対象者が普通の社会生活をして、健全な生活をするように指導をしています。そして、更生の意欲を起こさせて、就職や就学に関する援護も行っているのです。そのために、生活を監督する役割があるのです。保護観察は、委嘱をされた保護司と協力をして行います。監察官は、保護観察をするうえでの課題を検討していきます。対象者との面接や、資料を参考にして具体的な方針というのを立てていくのです。基本的に、監察官が立てた処遇の方針にしたがって、生活指導や観察が行われているのです。監察官になるには、国家公務員試験に合格する必要があります。そして、法務省に法務次官として、決められた年数を勤務した後に、保護観察所などに配属をされるのです。また、地方更生保護委員会にも配属されることがあります。

Filed under: 未分類 — boy 8:10 PM