少年刑務所とは

日本には様々な刑務所があります。一般的に知られている刑務所の他に、精神ないし身体に何らかの疾患や障害がある受刑者を収容して治療する「医療刑務所」、女性の受刑者を収容する「女子刑務所」、交通事故や悪質な道路交通法違反をした者を収容する「交通刑務所」、そして26歳未満の受刑者を収容する「少年刑務所」があります。「少年」とは言うものの、実際に収容されている受刑者は20歳未満の少年より20歳以上の成人の方が多いです。また、実際には26歳以上の受刑者も収容されています。ここでは、少年受刑者に対して更生を目的とした教育的処遇が行われているのが大きな特徴です。また、成人の受刑者も収容されているため、少年受刑者と成人受刑者は一緒の居室にならないように配慮がなされています。女性の場合は、年令に関係なく前述の「女子刑務所」に収容されます。そして、ここでの生活は一般的な刑務所に比べると生活ルールや人間関係が厳しくなっています。若い受刑者は高齢の受刑者に比べて、更生出来る可能性が高いことが理由として挙げられます。これとよく似た施設に「少年院」がありますが、少年院の場合は非行に走る少年を「矯正」することを目的としています。

Filed under: 未分類 — boy 8:14 PM